FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
石田徹也遺作集
石田徹也遺作集 石田徹也遺作集
石田 徹也 (2006/05)
求龍堂

この商品の詳細を見る

いろいろな絵だとか作品と呼ばれるものをみてきましたが、これほど自分に”近い”と思ったことはありません。
石田さんからしたら、「どうでしょうね」とか思われそうですが…

ものすごく「無」になろうとしている感じがするんです。
「感情」や「生」を感じさせないように描いているような。
生きているものに対しても、無機物を見るような感覚で見ようとしているんです。
どれだけ瞳に輝きを感じさせないか、感情を与えないか、人も元素単位にまでしてしまったら、モノと変わらないんだよ。みたいな感じなんですよ。
ま、でもこれは我が勝手に感じたことなんですけどね。
この人の絵はきっと、見る人によってすごく変わってくるんだと思います。
人によってどれだけ感じることが違ってくるのか、興味ありますね。
スポンサーサイト
【2007/09/01 19:10】 | 画集 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。