FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
脳男&白ゆき姫殺人事件
「告白」の衝撃から早何年?
ここ最近の邦画ミステリーは、ネタ切れ感無理矢理感が否めない。


脳男は、矛盾に矛盾を重ねた矛盾の塊だ。
猟奇的で残忍な表現に固執しているようにしか感じなかった。
果たしてそれを視聴者は求めているのだろうか?
私個人としては正直、飽きた。

異常犯罪者が、世の中にはたしてどれだけの数いるのか?
犯罪者の中でも、「異常」がつく人はごくごく一部に限られてくるだろう。
ほとんどの人が環境による影響ではないのかと個人的には思う。(妄想)

その限られたごく一部の人間をピックアップし続けても、
もう観たくないと思われるだけだ。
それなら、環境に適応するために変化せざるをえなかった人間らしい人間を表現する方が、
より共感がもてる。(真夏の方程式のような!)
インターネットで暴言が飛び交う昨今、フィクションくらいは日本人らしい人情味あふれるミステリーを期待したい。


白ゆき姫殺人事件
こちらは、映像は観ていないがシナリオだけ読んだ。
「告白」の衝撃があったため、わくわくしながら読んだが、、、

あれ?告白と一緒じゃね?

個々の記憶を1人1人語っていく。
これって、手法は違えど告白と全く一緒じゃなかったっけ?
なんだか、がっかり感が先に立って、映像を観たいという気すら起きない。
そして、なぜ矛盾を放置してそのまま制作するのか理解に苦しむ。
なんで犯人が車の鍵持ってるんだよ!
それやるなら、鍵を盗むシーンとかも入れろよ!

と、暴言を吐いてしまいましたが、
最近の邦画は本当にこれが多い!

小説や漫画原作であれば、アレンジを加えてでも矛盾を克服してから制作するのがスジってもんでしょうに。
なんだか、文句タレタレになってしまったが、「期待」があるからこそ言える事!
素敵な映画が今後たくさん出てくる事を祈って…
スポンサーサイト
【2014/04/03 11:50】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 女性の武器>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cokayoco.blog114.fc2.com/tb.php/142-e418f342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。