FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
シルクロードシリーズ
キャラバンの鈴~シルクロード・シリーズ完全版(1) / 神坂 智子
これは、たしか天竺の山に住む10人の神様のお話。
昔の少女漫画って、今みたいにダラダラと日常の恋愛話みたいなのを延々とっていう感じではなく、すごく神秘的なものが多いから好きなんです。
これもそのひとつでありまして。
ほんとは完全版が5冊くらいあるはずなのに、アマゾンにすら売っていないという、すごい貴重な作品であります。
小学生の頃、姉のものなのか従妹のものなのか分からないけれど、これの完全版ではない単行本がありまして、それを見た時ものすごい衝撃だったことを覚えています。
そして、ひそかに机の下の見えないところに隠して、ひそかにいつも読んでいました。
あぁ、こんな世界があるのか、こんな神様がいるのか、なんて当時は本気で思っていました。

んで、最近になって見る機会があったので見たら、なんと神といわれてた人たちが人工人間的な人たちだったっていうことを知って、かなりのショックをうけたのです。
いや、でも逆にそれでよかったとも思います。
なんか、作者に拍手を送りたくなりましたよ。
人間の愚かさみたいなものを伝えたかったのでしょう。
たしかに、全篇通してみると、幸福よりかは絶望的な要素のほうが強いのです。
それを考えれば、その結果になるのは当然といえば当然なのかもしれません。
これは、小学生の我に衝撃を与えた一作です。
スポンサーサイト
【2007/08/01 00:03】 | 漫画:あ~さ行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<自分の中に毒を持て | ホーム | ヒストリエ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cokayoco.blog114.fc2.com/tb.php/8-4796a4fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。